美容科の給料が高い理由

mfnsuih

美容科の看護師は給料が高いと言われていますよね。
もともと基本給自体が高めとなり、様々な手当がつくことも多くなります。
残業の際にはしっかり残業手当ももらえますよ。

基本給が高いので、残業をした際の残業手当も高くなるんですね。
どうしてこのようなことが可能なのかというと、
美容科の診療のほとんどが自由診療であるという事が関係しています。

 

自由診療というのは、クリニック側で
診療報酬を自由に設定できるというものなんですね。

医師や看護師、事務スタッフなどに、
しっかり給料を支払うだけの収入が得られるんです。

 

ですので、看護師を含めたスタッフに
しっかりと報酬を支払うことが出来るんですよ。

高い報酬を得られるということは、
それに見合うだけの仕事をする必要があるということにもなりますよね。

 

美容科の場合には、一般的な看護職と比べて、
コミュニケーション能力が高い人材が求められ、選考に関しても、
そういった部分を重視するところが多くあります。

同僚や上司、医師などとのコミュニケーションはもちろんですが、
患者さんとのコミュニケーションもとても大切ですよね。

 

はじめて来院される方には緊張感を解いてもらい、
悩みを素直に話してもらうことが必要です。

ですので、面接試験などでも緊張感を持たず、
円滑な対応が出来る人が選ばれやすいんですよ。

 

そのような人材は貴重なために、クリニックとしても
高い報酬を払ってでも勤務してほしいと考えるんですね。

美容科では、コミュニケーション能力が高く、
接客スキルも高い看護師というのが求められています。

もちろん、仕事に対する一流の能力も求められますよ。

 

 

不安の無い看護師の職場とは

cfvghbjk

看護師として働く女性の多くは、
向上心が高く真面目である方が多いとされています。

そのため、結婚や出産、育児などで家事との両立を図りたいと思っても、
どちらも中途半端にしたくないという理由で、
仕事を辞める看護師は多いんです。

 

仕事に復帰しても、夜勤などの不規則な勤務に自信が無いという事や、
こどもが居たら行事などに参加できなくなってしまうかもしれないという事、
急な病気のときにはどうしたらいいのかという事など、

不安な事がありなかなか復職に前向きになれない看護師も居ます。

 

ですが、このような不安を最小限に抑え、
自分の生活スタイルに合わせて看護師として働けるという職場があれば、
復職に前向きになれますよね。

もちろん、結婚・出産・育児といったこと以外でも、
自分のプライベートな時間を確保しつつ働きたいという看護師も居ます。

 

自分の希望に合った仕事というのは、
看護職で見てみると難しいのではないかと感じるかもしれません。
ですが、美容専門の看護師であれば、可能なんですよ。

基本的には日勤のみという事が多くなりますし、週休二日制で夜勤は無しです。
さらに、自分の勤務するクリニックの施術については、
格安料金で受ける事が出来るという特典もありますよ。

 

仕事内容は、診療介助や施術介助、注射、レーザー照射といった医療機器の操作、
患者さんのカウンセリングなどとなります。
月給は30万円からそれ以上まで期待ができますよ。

 

 

美容科の看護師に必要な能力とは

ieurhngt

美容科に勤務する看護師にとって、
重要かつ求められている能力はどのようなものだと思いますか?

美容科に勤務する看護師には、
コミュニケーション能力が求められています。

 

美容科では、多くの患者さんとコミュニケーションをはかることになります。
また、勤務する看護師も多くなりますので、
看護師同士のコミュニケーションを行っていく事も必要です。

「ホウレンソウ」と言われる、報告・連絡・相談というものが
とても重要になってくるんですね。

 

同僚や上司、医師などと、しっかりコミュニケーションをとりながら
仕事を行っていく事が大切です。

そのために、採用試験などでは
面接が重要視されることも多くなっているんですよ。

 

美容科の看護師は、一般的な診療科とは異なった
処置やケアが必要とされます。

ですので、様々な知識を吸収していこうという姿勢が大切になります。

 

まずは業務内容を覚えて、それを自分なりにスムーズに行えるようにする事は、
業務を進めていく上でとても重要です。

患者さんからしても、スムーズに施術してくれる看護師の方が、
安心することが出来ますよね。

 

そのため、同僚や上司との関わりをしっかりと持ちながら、
積極的に教えてもらおうとする姿勢が大切になります。

面接の際にも、「私はこのような事が出来ます」という事を
しっかりとアピールするようにするといいですよね。

 

 

美容科の看護師は美人じゃないといけないの?

oirwejl

美容科というと、まるでモデルのようにスタイルが良く、
見た目も華やかで綺麗な人しか採用されない
というようなイメージを持っている看護師もいますよね。

ですが、実際にはそのような基準ではなく、
元気があり笑顔が美しい女性看護師を募集している
というところが多いんですよ。

 

患者さんは美しさを求めて来院されますが、
スタッフが全員美人である必要はありませんし、どちらかと言えば元気があって、
笑顔で対応するスタッフの方が好まれるんですね。

作られた笑顔ではなく、自然に出る笑顔というのは、
病院内の雰囲気を明るくします。
また、清潔感があるということも大切になりますよ。

 

ですので、モデルのような容姿でなくてはならない
という美容科はほとんど無いんですね。

 

美容科のクリニックでも、応募前に職場を見学できるという機会を
設けているところが多くなっています。

実際に入職すれば、仕事で必要となる機器類の操作方法や
接客マナーといった研修が、しっかりと行われているところも多いんですよ。

 

待遇も良く、週休二日制で、有給休暇・夏季/冬季の休暇
といったものを取得できる職場も多くあります。

夜勤が無いにも関わらず、給料が高めになっていることが多く、
業績によっては褒賞給などがもらえるようなところもあります。

 

勤務に関しても、常勤採用やパート採用などを選べるところが多くありますので、
気になる方は一度求人情報探して応募してみてはいかがでしょうか。

 

 

美容科の残業実態 繁忙期には50時間?!

ruijt

看護師の間では、残業が少ない職場として、
美容科のクリニックは人気があります。

ですが、全く残業が無いのかと言うと、そうではないんですね。

 

実は、平均して月に20時間から50時間前後の
残業が発生していると言われています。
ということは、一日あたり約2時間程度の残業があるということになりますよね。

これは、患者さんの来院数が多かったり、難しい施術がある場合に、
業務時間内に終わらないという事が関係しているんです。

 

特に忙しくなる時期では、とても多くの患者さんが来られますので、
どうしても施術が間に合わなくなってしまうために残業となる場合があります。

そのような場合には、
月に50時間程度の残業が発生する場合もあるんですよ。

 

その繁忙期というのは、GWや夏休み、年末年始といった、
一般的な企業が長期休暇となる時期なんですね。

患者さんにとっては、施術を受けるタイミングとして、
長期間の休みを利用する形を取りたいと考える方が多くなります。

 

この長期連休の前後にも、施術前の処置や施術後の処置などで
来院される患者さんも多くなりますので、忙しくなるんですよ。

このような場合でも、突発的な残業ではなく、
予約診療として対応する美容科が多くなりますので、
予想されている残業ということになりますよね。

 

あらかじめ分かっている残業であれば、自分でスケジュール管理がしやすくなります。
残業の際には残業代が出ますので、そのような点も安心ですよね。

美容 看護師

 

 

美容科には残業が無い?!

wurejtf

看護師は仕事の性質上、勤務時間が長かったり、
連続勤務が多かったり、夜勤などがあったりと、
労働条件の悪さが指摘される職場で働きますよね。

ですが、美容科に限っては、少し事情が違ってくるんです。

 

美容科では、夜勤や長時間勤務といったものがありません
診療時間が決まっていますし、
入院設備が無いというクリニックが多いんですね。

入院設備がないとなると、当然夜勤は無いという事になります。
診療時間も決まっていますので、
残業もあまり発生しないという特徴があります。

 

家庭の事情などで夜勤や残業が難しいという看護師の場合、
かなり良い職場だと言えますよね。

ただし、絶対に残業が無いということではないんです。
美容科の場合、一般的に春や夏前といった時期には繁忙期となりますので、
多くの方が来院されます。

 

ですので、診療時間をオーバーして診療が行われるという事もあるんですね。
このような場合には、しっかり残業手当が支払われますので、
残業がある分、収入も増える事になります。

施設によっては、入院設備を持った美容科もありますよ。

 

美容外科などでは病床があり、
看護師が交代で夜勤勤務を行っている可能性もありますので、
そういった点は求人情報などをしっかりと確認しておくことが大切になります。

 

 

美容科と他の診療科には違いがたくさん!

dniuehtr

看護師の仕事は、患者さんがよりよい療養が出来る様に
ケアしていくという事が中心となりますよね。

そのため、時には医療従事者として厳しく接していく事もあります。

 

ですが、美容科の看護師の場合、
対象となるのは基本的に療養の必要がない方ですので、
患者さんというよりも、お客様になります。

看護師は接客業・サービス業として、
丁寧に対応していくことが大切になります。

 

美容科では、研修などを通じて、
接客サービスを学ぶという機会も多くなるんですね。

接客用語や丁寧なお辞儀の仕方など、
はじめのうちはかなり戸惑う事もあると思います。

 

仕事も、看護の仕事というよりは、実際に患者さんに対して、
脱毛や美肌のためのケアを行うことが多くなります。

会話をしつつ、患者さんの様子を観察しながら
注射などの医療行為を行う事もありますよ。

 

楽しく会話をしているうちに、いつの間にか施術が終わっていた
というような技術を身につけていくことも大切です。

美容科は、診療の際に健康保険を利用することが出来ない
自由診療となっている場合がほとんどですので、
患者さんが支払う費用はとても高くなります。

 

医療を提供する医師の腕次第でも、
来院の変動が激しいという特徴もありますよ。

もちろん、そこで勤務する看護師を含めたスタッフの接客力によっても、
来院数は左右されることになります。

 

そして、一般的な診療科と異なることの一つに、
美容科では営業行為を行うという点があります。

化粧品や健康食品の販売や促進などを行うことになるんですね。
これらの販売は看護師も担当し、
売り上げに応じて報酬が加算されるということもあるんですよ。

 

 

肌荒れや健康などの不安とオサラバ!美容科の看護師

wiuehrj

看護師の仕事は、肉体的・精神的にハードな仕事ですよね。

看護師の仕事をしていたら、
患者さんのケアのことばかりが中心となってしまって、
気づいたら自分自身のケアが出来ていなかったという看護師も多いんです。

 

肌荒れや自分自身の健康の不安や、溜まりすぎたストレスなど、
これらを上手く解消しながら仕事が出来る診療科があります。
と言われたら、驚きますよね。

実は、美容科と呼ばれている診療科目であれば、
それが実現するかもしれないんです。

 

美容科は、患者さんへの処置やオペの介助といったものが
主な仕事となりますので、未経験者でも十分できる仕事なんですよ。

この美容科が、なぜ肌荒れや自分自身の健康の不安などを
解消できるのか不思議に思う看護師も居るでしょう。

 

その理由は、美容科のスタッフの多くは、
割引で施設の機器を体験出来ることが多いからなんです。

美容科の医療機器は、フォトフェイシャル・脱毛・ボトックス・
ヒアルロン酸注入など、綺麗になるための施術が多くありますよね。
これらを低価格で利用することが出来ますので、自然と綺麗になれるんですよ。

 

美容科はクリニックも多いので、夜勤が無いという場合も多くあり、
プライベートも充実します。
給料も良いので、プライベートをより充実させることが出来ますよね。

重篤な患者さんなどもおられませんので、
精神的にもストレスが溜まりにくいという特徴があるんですよ。

 

 

美容看護師の年収 まるごと大公開!

手当がなくても高い給料

okebv
業界の看護師の給与は良いです。
都内で賞与二回年収430万〜460万前後になります。

残業はわずか、夜勤はありませんので
その手当なしの金額で、一般的に
他の分野の看護師より年収は高くなります。

 

例えば美容皮膚科に未経験で入った場合、
医療用レーザー脱毛などを覚えるため
研修期間が設けられています。

研修期間の給与は8がけで計算されることが多く、
研修や勉強会は就業時間中に行われます。

 

スピーディーで安心な施術が求められますから
しっかりと技術を習得することが大切です。

施術の準備や患者様への説明も仕事内容になります。
しかし医師のオペの介助や、止血介助などに関しては
高いスキルは必要ない場合が多いです。

 
 
 

給与以外にもあるメリット

給与の良さもメリットですが、病棟に比べ
良い人間関係を築きやすい雰囲気の
職場率が高い
です。

殺伐とした雰囲気は美容にはありませんし、
まず患者様にリラックスしてもらうことが
大切な職場です。

 

練習を兼ねてスタッフ同士で脱毛をしたり
クリームを試したりと、働くうちに自分も
自然にキレイになっていきます。

美しさに興味のある方には
お勧めの分野になります。

 

デメリットはお客様への営業、
ノルマがある職場もあることです。

契約の時にしっかりと
固定給を確認してください。

 
 
 

褒賞金によって変動する給与

ikenwb
看護師として美容科で働くときには、
一般の病院での勤務とは年間での
収入の変化の仕方が違ってきます。

勤務する職場にもよりますが、
褒賞金などの用意のあるところもあるからです。

 

化粧品販売などの売上によって
出される褒賞金が収入に関係してくると、
多く出る月もあれば少ない月もありますので、
収入の変動が激しくなります。

固定で入ってくるべき月収が、
残業手当などのように実際に働いた時間とは
関係なく変動してきますので
年で考えると変化が激しくなることが考えられます。

 
 
 

福利厚生も要チェック

また、月収が高めの職場が多いため、
ボーナスの設定が低めというところも多くなっています。

年収に換算すると一般病院よりも
はるかに年収が多くなる職場が多いですが、
一般の病院とは考え方が異なるため注意が必要です。

 

忙しいクリニックの場合、売上も高くなるので
働いている看護師の収入についても
高くなる傾向にあります。

さらに福利厚生についても考慮することが必要です。
福利厚生などの待遇が良い職場であれば、
最終的に手元に残る金額が多くなるからです。

 

比較的待遇のよい職場が多い科ですので、
福利厚生の面からもチェックしておきましょう。

安定的に収入を得るには
多方面からのチェックをする必要があります。